大変って聞くけど実際どうなの?

大変って聞くけど実際どうなの?企業に所属していれば安定した給与が保証されている会社員とは違い、フリーランスは稼げる仕事ではあったとしても、やはり収入の不安定さが心配される職業でもあります。しかし、具体的にひとつずつ考えていくと、実際にフリーランスとして生計を立てていくことは十分に可能で、自分自身のやり方次第でどこまでも伸びていける可能性を秘めたやりがいある職業でもあるのです。フリーランスとして仕事を続けていくにあたって大切なのは、必要な情報や知識をしっかりと取り入れて計画的に行動することでしょう。

自分で決める働き方

自分で決める働き方

フリーランスになってどのぐらいの金額を稼ぐかどうかは、自分自身が選択する働き方によって様々です。できる限りたくさん稼ぎたいのであれば高額案件をどんどんこなしていくという方法もありますし、マイペースでのんびり働きたいならそれなりの仕事量にすることも可能です。また、確率的には低くなりますが独自で開発したサービスが大ヒットすれば大きな収入が舞い込むという可能性もあります。どのような方法で働くにせよ、自由に選べるのがフリーランスの魅力です。

実は安定収入

実は安定収入

会社員と比べると収入が不安定と言われるフリーランスですが、そのようになるかどうかは自分自身の事業に対する取り組み方次第という部分が大きいのも事実です。自分から仕事を得る努力をしなければならないフリーランスは受け身で仕事をしているといつまでも収入は低いままになってしまうかもしれません。ですが、スキルアップを怠らず、クライアントとの条件交渉にも積極的に取り組むなどやり方ひとつで収入を安定させることができるようになります。

拡大し続ける市場規模

拡大し続ける市場規模

IT技術の進歩も手伝って、働き方の多様なフリーランスが活躍できる仕事が多くなってきました。世界にはフリーランスで活躍している人が大勢いますが、日本ではまだそれほどの数ではありません。しかし、正規雇用という形で働くことはできなくても、時間や場所を選ぶことさえできればもっと活躍できる人材は潜在的にかなり多いことが予想されますし、経験豊富な高齢者の新しい仕事のあり方にもつながるという将来性溢れる仕事になると期待されています。

開業届を出すだけ

開業届を出すだけ

これからフリーランスとしてやっていこうと決めたなら、まずは開業届を出すようにしましょう。開業届を出すことで事務的な処理など増える仕事もありますが、それよりも得られるメリットの方がはるかに大きいので、開業したらなるべく早く税務署へ届け出をするようにしましょう。開業届の提出は絶対にしなければならないことではありませんし、出さなかったからといって罰則もありませんが効果的な節税対策ができるようになることは間違いありません。

5分で読めるおすすめ記事

専門性を上げるWebライティング

専門性を上げるWebライティングWebライティングという仕事は、インターネットが頻繁に活用されている今の時代にとても必要とされている分野ですが、ITの知識や技術は専門性がとても高いので誰でも書けるような内容ではありません。そこで、実際にエンジニアとして活躍している人がライティングスキルを身につけるようになればより実践的で有用な情報を広く提供できるようになるだけでなく、フリーランスとしての仕事をさらに大きくしていくいいチャンスにもなります。

理想の生活を実現

理想の生活を実現フリーランスがスキルや経験をフルに活かせる仕事を自分で見つけるのは大変なことです。営業に多くの時間を費やすのではなく、本業に集中できる時間が多い方が仕事の精度を高めることができるのでより高額の案件を引き受けることも可能になるでしょう。そのためには、フリーランス向けの案件を数多く保有しているエージェントを活用するのが効率的です。そうすれば、フリーランスに代わって企業へ能力をアピールし、お互いに納得できる条件交渉も行ってくれるのでとても助かります。

自分で決める働き方

自分で決める働き方フリーランスならではのメリットは、自分でどのような働き方をするのかを決めることができるということです。これは会社員として働いていたらまずできないことですし、やった分だけ報酬につながっていくので仕事に対するモチベーションも自然と上がっていきます。どのような案件を手掛けるのか、また働く場所は在宅なのか企業に常駐なのかなど、仕事をカスタムできる自由があるというのは、多くの人がフリーランスになる理由のひとつでもあります。